キクちゃんの土方

妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だと言われる葉酸ですが、いかに大切な栄養素であっても、摂取すればするほど良いなんてことはありませんから、適切な摂取量を守るようにしてください。

サプリによって葉酸の補給をしている方も多いと思います。

ですがサプリには普段の食事から得られる葉酸よりも、はるかに高く含まれている事は、一日の葉酸摂取量を、たった数錠のサプリで賄ってしまう事からもお分かりですよね。

ですから、過剰摂取に陥らないよう、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけてください。

どのようなサプリでも過剰摂取は身体に悪影響を及ぼしますが、葉酸の場合は食欲不振や吐き気といった副作用が出ることがあるとの報告があります。

また、赤ちゃんへの影響はどうかと言いますと、喘息になりやすいといったケースがあります。

妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が推奨されています。

ところで、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は必要ないのでしょうか。

確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。

ですが全く摂らなくなっても良いのかというと決してそうではないんですよね。

葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、先に述べた妊娠初期という摂取時期が大切な期間という訳です。

なのでこの時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。

妊婦にとって重要な栄養素である葉酸、不妊との関係も指摘されている鉄分は、不足しやすいものです。

一般的な食事では、なかなか理想的な摂取量を満たすことは難しいようですので、サプリで補給するのが簡単でしょう。

サプリによっては、一粒で葉酸と鉄分どちらも補給できるという便利なものも見かけますから、葉酸と鉄分が両方入ったサプリを選べば、適切な摂取量を簡単に摂ることが出来ます。

妊娠を希望している方や、妊娠を計画されている方に知って頂きたい話なのですが、この時期に気を付けるべき栄養素として、亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。

亜鉛は卵巣の正常な働きに重要な成分で、卵子が健康的に成熟するために、必要不可欠な栄養素であるからです。

また、亜鉛の効果は女性に限らず、男性側も、亜鉛を摂取することで、妊娠に高い効果があることが分かっています。

精子が活性化することをサポートする効果があるのです。

妊活中のご夫婦ふたりで、十分な亜鉛摂取に取り組む事を始めてみるのが良いと思います。

皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性がやるものだという印象が強いかと思います。

ですが、男性に出来る妊活があるのか、疑問に思いませんか?実は、男性にもお勧めしたい妊活があります。

それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。

流産や不妊の原因因子として、母体に限らず、男性側の問題だというケースもあります。

原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。

葉酸にはこうした染色体異常を軽減するという研究結果が報告されていますので、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみてください。

大学の友達と久しぶりに集まったのですが、その時に葉酸の話になって、その中でもサプリについての話で盛り上がりました。

友達はベルタから出ているサプリが良いんじゃないかと考えているようでした。

葉酸サプリは、妊娠中だけじゃなくて妊娠前から飲んだほうが効果が高いと母から聞いたことがありましたから、妊活中の彼女に勧めておきました。

やっぱり、友達が幸せだと私も嬉しいし、元気で健康的な赤ちゃんを授かってほしいと応援しています。

皆さんご存知のように、葉酸はおなかの中の赤ちゃんが健やかに成長するために、最も重要な栄養素のひとつであると言われています。

葉酸はビタミンの一種ですから、普段の食事にも含まれてはいるのですが、簡単に適切な量を摂取しようと考えるならば、サプリによって補給するのが、一番手軽で安心です。

では、実際に葉酸サプリを活用した場合、いつからいつまでが補給期間なのでしょうか。

多くの場合、妊娠前から授乳期を過ぎるまでサプリでの補給が望ましいとされています。

葉酸が最も不足しがちなのは、妊娠3か月までだと言われていますが、母体にとっても必要不可欠な栄養素です。

なので、妊活中の段階で、葉酸サプリを積極的に摂取し、授乳を完了するまでサプリを継続的に飲むというのが、一番理想的な葉酸摂取の方法だと言えるでしょう。

なかなか妊娠できない体質から抜け出すのに、食事を見直すことも大事でしょう。

精子や卵子を作るのは親となる人の体ですから、不健全な食習慣の下では卵子や精子の活発さは、望むほうが無理なのではないでしょうか。

妊娠しやすさのためには夫妻そろって偏らない、健全な食生活を続けていくことが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です