クラウンやブリッジ

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の可能性は否定できません。

いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重要事項の一つになります。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をきちんとホームページに載せている歯科医院も当然のようになっているので、そこで調べるのも良いでしょう。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんに最適な治療方法になります。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントしかないとされる患者さんが多くを占めます。

インプラントは入れ歯に比べ、より自然な噛み心地を得られるためきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が損なわれていなければ冠のような形の義歯をつくり、クラウンをかぶせることが可能です。

抜歯した場合の選択は、もし、入れ歯を採用しない場合、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

入れ歯などの方法と比べると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの極めて高い医療スキルを欠かすことは出来ません。

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

一般的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の負担が重くのしかかる方もずいぶん見受けます。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどの名前をつけて独自の分割払いを取り入れた融通の利く歯科医院が多くなりました。

現金で費用を一括払いする必要なく、治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのはどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるので成功例ができるだけ多い、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが重要なチェックポイントになります。

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

現実には、治療費といっても歯科医院ごとに幅があるのが普通です。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、金額は歯科医院次第です。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的な相場とみて良いでしょう。

http://xn--9ckxaq6c8bzfb3237d3wu3qbj2ex58i8fwfda.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です