外間の結衣

SNSを通じて浮気の証跡を把握できることもあります。

コミュニティ型のWebサイトでは実名を伏せるので注意不足で相手が、個人が特定される事はないと安心して私生活を公表している事がしばしば見られます。

場合によっては、浮気を証明する根拠となる行動を書き込んでいる可能性もあるのです。

ユーザー名を知っていたら調べてみて下さい。

浮気調査に必要な期間は、多くの場合は3~4日間です。

とはいっても、これはあくまで平均がそれぐらいだという話です。

浮気を疑っているパートナーがとても用心深かったりすると、場合によっては1週間から1か月くらいかかってしまうこともあることも覚悟してください。

一方で、曜日が決まっているとかで浮気をしそうな日が調査員に伝えられていた場合は、一日で調査が終わるなんてこともあります。

成功報酬制度を持った探偵事務所に浮気の調査を頼めば得になるかと言えばそうとも言えないケースもままあります。

成功報酬ならば一般的な感覚としては調査が成功しなかった時、お金を払わなくても済むのでシステムとして依頼者が得するという感じがします。

ですから、成功報酬というシステムの探偵事務所のみを、利用したいと思っている人もいるのです。

GPS端末は、車の目に触れないところに取り付けておいて、移動の様子を常時監視し、現在地を把握したり、時間のある時に、データを取り出して調べたりします。

車より、徒歩、自転車、公共交通機関などを使う事の多い人なら、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくこともできます。

これで相手がどこをどう移動して、何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。

探偵に浮気調査を依頼して、相手が言い逃れできないような証拠を得ても離婚しないままの方が良いこともあります。

特にお子さんがいらっしゃる場合、配偶者の浮気がどうしようもない事実だと知ったところで離婚というものはそう簡単なものではありません。

養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、支払わずに音信不通、なんてこともありますから、仕事をしながら育てるのは心身ともに大きな負担になります。

男手一つで育てる場合にもまた同様で仕事をしながらどちらも上手くこなすのは難しいでしょう例え、配偶者が浮気している場合でも離婚を避けたいのなら昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのはやらないほうが無難です。

浮気が発覚したことで配偶者が浮気を正当化したり、逆上してしまい、夫婦関係が修復不可能になる可能性を否定できません。

その上、浮気相手との会話によって大きなストレスになってしまうのです。

法律上では、既婚者が配偶者以外の異性と故意に性的に親密になることを浮気といいます。

つまり、法律的にいうと、肉体関係を持っていない場合には、一緒に時間を過ごしていたとしても、不倫ではないのです。

個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、探偵や興信所の力を借りるということも考えてみてもいいかもしれません。

成功報酬で料金設定をしている探偵事務所は、調査が成功しなければ報酬を得られないというリスクがあるため、成功報酬の金額は割高に設定されていることがほとんどです。

そのようなケースも勘案した場合、成功報酬制を採用している方が、浮気の調査費用が安くなるわけではないのです。

どこまで調査してもらえるのか調査内容などもよく確認して、安心できる料金システムの探偵事務所に依頼すれば心配ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です